発電機で冷蔵庫を停電中に動かすには

台風や地震などの災害で停電発生!冷蔵庫の中身がピンチ。一人暮らしなら冷蔵庫の中身も飲み物中心だったりするから諦めもつくけど、家族で暮らしてるとアイスクリームだけでも守りたい。そんな時に役立つのが家庭用にも使える小型のガソリン発電機。オススメモデルや注意点を調べたよ。

まずファミリー向けの小型冷蔵庫の消費電力は、約400w。←冷蔵庫の扉、内側辺りに貼ってあるラベルの定格消費電力をチェック。そして冷蔵庫の中身が気になる季節は、夏場なので扇風機くらい動かしたい。で、扇風機は、約40w。これらを一日中動かすとなると5万円代辺りからのガソリン発電機がオススメ。

このクラスの発電機なら、1000VAほどの出力はあるのでVAとwの関係とか知らなくてもザックリ大丈夫。もちろん出力に余裕がある方が便利だが、その分お値段が。。

一回の給油が3L前後でエコモードなら6〜7時間は稼働できるので就寝中も無給油でいける。とはいえ、開放型の発電機は正直うるさい。防音仕様を選ぼう。ご近所迷惑になるからと、発電機を屋内使用すると一酸化炭素中毒の危険あり。発電機は、換気の良い屋外で使おう。

発電機は有名メーカーかマイナーブランドか

ホンダやヤマハなどの有名メーカーは、そのブランド力からくる安心感が何より。

対してマイナーブランドは、同スペックならだいたい半額という割安感。エンジンオイルなどの付属品が色々ついてることも。ネットショップで購入時の注意点は、発電機を名乗ってるくせにただの大型バッテリーなことも。2万円以下で安い!と思うと発電しないポータブル電源だったりする。気をつけろ

インバータ付き発電機

スマホやPCなどのリチウムイオンバッテリーを充電するなら、正弦波に修正してくれるインバータは必須。テレビとかIH炊飯器とかもね。防音タイプの発電機は、お高い分たいていインバータ付き。

カセットガス式発電機

コンビニや100均でも燃料のカセットガスボンベが手に入る。メチャメチャ手軽だ。だが、その分連続稼働時間が2時間ほどと少ない。

発電機に必要な物、あると便利な物

  • 必須:燃料のレギュラーガソリン。エンジンオイル。
  • 便利:ガソリン携行缶。延長コード。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください