カテゴリー
FX

MT4 インディケータ ATRでトレンド判断

メタトレーダー4用のインディケータを作ってみた。ATRで一定期間の平均ボラティリティをだし、メインチャートで表示。そのボラの中にあるうちはレンジ。飛び出したらトレンド発生!そんなカンジ

きっかけは、アメリカの株式デイトレーダーがATR(Average True Range)で利確目標値を設定してるって話を聞いたから。MT4 で表示させたらサブウィンドウ。見づらっ!!

そこで、メインウィンドウに表示させたのがトップの画像。

ATRは、下記3つの最大値の平均。

  • 現在の高値と安値の差
  • 前足の終値と現在の高値の差
  • 前足の終値と現在の安値の差

サブウィンドウで表示させる時は、これの移動平均線。

前足の終値が一つの基準になっているので、前日終値を黄色の線。そこを基準に日足期間5のATRをメインチャートに表示させたのが↑画像。赤と青の間がATRの値幅。

FXで使う場合は、利確目標というよりトレンド判断のが良さげ。

レンジの場合は、ATR内に収まる。トレンド発生時は、突き抜けてるのがわかる。よって赤、青のATRライン付近で足確定を待ち、逆張りでエントリー。黄線で利確。ATRラインを突き抜けたら損切り。または、突き抜け確認で順張りエントリー。トレーリングストップなんてのが考えられる。

日足期間5のATRインディケータをEURUSD15分足チャートに表示。

同じものを15分足に表示。デイトレからスキャル的にやるなら、コッチ?!

4時間足期間6のATRインディケータをEURUSD15分足チャートに表示。

スキャルなら4時間足期間6のATRインディケータのが良いかと思ったけど、EURUSD15分足チャートで見る限り微妙ですな。

マルチタイムフレームで作ったので、こんな表示もできますよ♪てな例。

ご自分で試してみたい方は、↓からどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください