カテゴリー
FX 未分類

MT4のEA作成に挑戦してみた

メタトレーダー4の自動売買プログラム(EA)の自作に挑戦してみた。なにせ初心者なので、公式サイトMQL4を覗いてみるも発展的な内容ばかり。MT5も入門的内容が見当たらない。プログラムの基礎じゃなく、とりあえず動く最小構成を知りたい。一般的な言語の「ハローワールド」的な。EAなので自動売買だけするヤツ。

自動売買の最小構成

メタエディターを起動し、新規作成>エキスパートアドバイザー
名前を Experts\test ←Experts フォルダに test と言う名のファイルを作成
残りはデフォルトで OnTimer などのイベントはチェックしないで完了。

void OnTick()
  {
//---自動売買の最小構成
   OrderSend("USDJPY",OP_BUY,1,Ask,3,0,0,NULL,0,0);
   return;
  }

void OnTick(){ } は、ティック毎に実行される関数。つまり、価格変動するたびに実行される。void なので実行されるだけ、return で何も返さない。

OederSend() は、サーバーに注文を送る関数。パラメータは、左から順に

シンボル
通貨ペア。文字列なので""で囲む。
cmd
成行買い、指値売り、など
ボリューム
ロットサイズ
価格
指値やBit, Ask
スリッページ
スベリの許容範囲
ストップロス
損失指値。USDJPY なら 110.000 など。0 で最小値を自動入力。
テイクプロフィット
利確指値。USDJPY なら 115.250 など。0 で最小値を自動入力。
コメント
NULL で空欄可
マジックナンバー
他のEAと区別するための数字
注文期限
指値注文の期限。成行なら、0
矢印の色
省略か clrNONE でデフォの青。緑:clrGreen
詳細は、レファレンスを見ていただくとして、↑な値を指定する。

デバックとストラテジーテスター

メタエディターのデバッグボタンを押す。エラーがなければ、MT4 が前面に。ストラテジーテスターボタンを押し、テスターの設定をエキスパートアドバイザー>test.ex4 通貨ペアをUSDJPY スタートボタンを押す。

ティック毎に凄い勢いでポジションが作られ、損切られていくはず。ww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください