カテゴリー
サイト作成

レンタルサーバーの引越方法

レンタルサーバーの引越し方法
xrea >> value server

  • 新サーバー用意
  • データベースやデータのコピー
  • DNS設定

まずは、引越し先のサーバーを準備。無料アカウントで引っ越せるので、使ってみて問題なければ本契約。

引越し元のエクスリアでデータベースのバックアップをとる。今回は、ヴァリューサーバー♪サーバー運営会社が同じなので、管理者ID が同じだとサーバーのデータコピーの手順書通りで DNS設定も自動でできる。

今回は異なるID間なので、DNS設定は後ほど手動で。まずは移動に時間のかかるデータコピーから。旧サーバーのFTPユーザ名やパスを用意して新サーバーへお引越し。後ほどファイル名やサイズをチェック。

データコピーはバックグラウンドでやってくれてるので、その間にDNS設定。ドメインもvalue-domain なので、管理画面でネームサーバーが「当サービス標準のネームサーバー(ENOM)」になっていることを確認。異なる場合は、変更。

DNS設定で[www],[*(ワイルドカード)]といったサードレベルドメイン部分のみを指定して、引越し先のIPアドレスに変更。

↑ホスト名を勘違いして、「www.〇〇.com」とフルアドレスを指定していた。ハマった。

新サーバーでデータベースを準備し、データを復旧。

サブドメインをキャッチオールでまとめて管理することにしたので、サブドメイン用のディレクトリにサブドメイン用 .htaccess を忘れず設置。無いと 500エラーとなる。

昔 mtで作ったサイトは、.htaccess を設置したら 403 エラーとなる。??
>> .htaccess の設定ミス。アドレスを一字一字間違えずに指定しよう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください