PHP7.0をApache2.4にインストール@ウィンドウズ10

テスト環境用アパッチ2.4にphpが必要になったので、手動インストール。なので、php中心の内容。

必要なモノ

  • Apache 2.4
  • PHP 7.0
  • the Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2015 x86 or x64

Apache2.4

php推奨のアパッチは、ApacheLounge のアパッチ。

PHP7.0

php 公式ダウンロードページ からPCに合わせたzipファイルをDL。

VC14 x64 Thread Safe

  • Zip : コンパイル済みのphp本体
  • Debug Pack : デバグ用。無くておk。
  • VC14:Visual Studio 2015 でコンパイル
  • x64:64bit機用
  • Thread Safe:マルチスレッド対応
x86と x64の違い
  • x86 : 32bit機。古いパソコン。
  • x64 : 64bit機
確認方法

通常、画面左下にあるウィンドウズマークを右クリック>コントロールパネル>システムとセキュリティ>システム
「システムの種類」の欄に記載あり。

スレッドセーフの意味
  • Non Thread Safe:Apache1系サーバーで使う。または、PHPをCGIで使う場合。
  • Thread Safe : Apache2系、IIS5、IIS6などのマルチスレッドサーバーで使う場合。

Visual C++ 再頒布可能パック

Visual Studio 2015をインストールしていない場合は、PCの環境に合わせ x86か x64を選択ダウンロードしてインストール。

手動インストール

php

  • php zip パッケージを「c:\php\」などの適当な場所に展開。
  • 「php.ini-development」をコピーし「php.ini」にリネーム。
  • 「; extension_dir = “ext”」の「;」を削除し、絶対パスで指定。

相対パスはエラーの元なので、
extension_dir = "c:\php\ext"
といった絶対パスで指定。。

Apache2.4

Apacheの設定ファイル httpd.confに以下を追記。実際のパスに修正する時に「\」でなく「/」に変換することを忘れずに。
LoadModule php7_module "c:/php/php7apache2.dll"
AddHandler application/x-httpd-php .php

# php.ini へのパス
PHPIniDir “C:/php”

動作確認

「index.php」に以下を記載して、ブラウザで「localhost/index.php」
にアクセス。
<?php
phpinfo();
?>

参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です