アジアインフラ投資銀行(AIIB) まとめ

アジアインフラ投資銀行(AIIB) とは、中国主導版 アジア開発銀行(ADB)。2013年10月 習近平国家主席が初提唱。

  • 本部:中国 北京
  • 資本金:1,000億ドル(GDPで出資比率決定のため、中国が大半出資)
  • 目的:アジアの途上国向けインフラ整備資金を融資 → 「シルクロード経済圏」
  • 参加国:中国、インド、ASEAN10カ国、その他(合計27カ国)
  • 参加表明国:英国、ドイツ、フランス、イタリア
  • 検討中:オーストラリア、韓国

アジア開発銀行(ADB)とは、アメリカ主導で設立。総裁9代連続日本人。

  • 本部:フィリピン マニラ
  • 資本金:1650億ドル(最大出資国:日本、アメリカ)
  • 目的:アジア・太平洋における経済成長及び経済協力を助長し、開発途上加盟国の経済発展に貢献すること(by wiki

中国外交の道具!? ← アメリカの懸念

  • 人権、環境問題に対し、甘い審査基準適用か?
  • ブレトンウッズ体制への挑戦

ブレトンウッズ体制

  • 第二次大戦後の国際金融秩序
  • 由来:1944年 米国ブレトンウッズ開催の連合国 戦後復興会議
  • 金融危機や貧困国支援目的の国際通貨基金(IMF)、世界銀行 創設

域内安全保障問題に発展?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です